[ 古き良き記憶を繋ぐ ]

皆さんにも記憶に残っている味って幾つかあるんじゃないでしょうか?例えば「お袋の味」です。世の中にはとびきり美味しいものが沢山ありますが、おそらくお袋の味に勝るものはありません。なぜなら、それは単純に味だけではなく自分だけの大切な記憶だからではないでしょうか?その時の場所や雰囲気、感情までひっくるめて何ものにも変えられない大切な記憶だからだと思います。そして、私たちは地域にとってのお袋の味を残したいという想いで、周防大島油良の記憶の味をカタチにしました。レシピは地元のおばあちゃんたちにこの地区に伝わる作り方をこっそり教わり、再現してみました​。

しそシロップ マーク.png
麦わら2.png
麦わら1.png

​私にとっての周防大島の名物と言えば、間違いなく赤紫蘇のジュースだ。夏休みになると、大島大橋を渡っておばあちゃん家に家族で遊びにきて、海や裏山で遊んだものだ。海では思いがけない小さな生き物と出会って驚いたり、山では樹液たっぷりの木を見つけると、カブトムシがいるんじゃないかとワクワクしながら覗き込んだり。麦わら帽子に海パンで、虫網や虫かご、バケツを持って一日中駆け回ったものだ。汗だくになって、家に帰ると、おばあちゃんが決まってこの赤紫蘇のジュースを出してくれた。その日の冒険の話をしながら、笑いながら一緒に飲んだものだ。そんな懐かしい記憶を思い出しながらつくりました。思い出の味のおすそ分けです。暑い日やお風呂上がりにおすすめです。炭酸水で割って飲んだり、かき氷に直接かけて召し上がりください。レモンを少し絞って飲んでも、とても美味しいです。

[  Web SHOP​↓  ]

虫取りネット.png
虫かご.png